メニュー

  • ホーム
  • クリニック紹介
  • ドクター紹介
  • 診療案内
  • 交通・アクセス

日本眼科学会

前田メディカルクリニック美容皮膚科

医院について


詳しくはこちら

診療案内

ドライアイ

もしかしてドライアイ?

ドライアイ(眼乾燥症)は、涙液(なみだ)の分泌が少なかったり、または、涙液の安定性が悪いことから、角膜(黒目)が乾燥して角膜にキズがついたり不快な症状が生じる疾患です。
日本のドライアイ人口は800万人とも言われ、特にコンピュータを使う現代人や、高齢者、女性に多い傾向にあります。

ドライアイの症状について

  • 眼が疲れやすい
  • めやにが出る
  • 目が乾く(ショボショボする)
  • 眼がごろごろする
  • 重たい感じがする
  • なんとなく眼に不快感がある
  • 眼が痛い
  • 涙が出る
  • ものがかすんで見える
  • 眼がかゆい
  • 光を見るとまぶしい
  • 眼が赤い

などの症状があります。

ドライアイの検査方法

細隙灯顕微鏡検査

フローレスセイン、ローズベンガルを用いた染色涙液検査
(涙液層の安定性を観察するBUT検査や、Tear Menicusの観察)
シルマー試験、綿糸法(涙液分泌の程度を調べる)などがあります。

ドライアイの原因としては?

  • 体 質
  • まばたきが少ない
  • ストレス、緊張や、疲れ
  • コンタクトレンズ…ソフトコンタクトレンズ(特に使い捨てレンズ)
  • 生活環境や職場環境…冷暖房、エアコンなどの送風が目にあたると涙の蒸発が促進されます また、冬の乾燥する季節 は目も乾燥し易くなります。
  • アレルギー性結膜炎…花粉症などアレルギー性結膜炎がある場合、結膜に濾胞状の変化(ブツブツ)が生じて、機械的に摩擦を起こすことと、さらに結膜から有毒な物質が分泌されることから、涙液層の安定性が低下します。
  • 涙腺の老化
  • 全身疾患…シェーグレン症候群、リュウマチ、など自己免疫疾患などで、涙腺機能が低下することがあります。
  • 薬の副作用…いくつかの内服薬(特に精神科のお薬)でドライアイが誘発されることがあります。

ドライアイの治療(上記原因の除去)について

点眼薬

人工涙液(ソフトサンティア、マイティアなど)
ヒアレイン点眼薬(保湿成分を含む点眼薬)
角膜炎が強い場合は、感染防止のため抗生剤の点眼や、アレルギーがある場合は抗アレルギー剤などを併用する場合があります。

涙点プラグ(※当院では施術を行っておりません)

涙が眼から鼻に抜ける通り道(涙道)の眼側の入り口(涙点)をシリコン製のプラグ(栓のようなもの)で塞ぎます。閉じた直後から劇的な効果が期待できます。

ドライアイメガネ

涙液の蒸発を防ぐために、メガネにプラスチック製のカバーを取り付けます。

ドライアイ予防・生活上での注意点(上記原因の除去

瞬きを意識する。長時間集中してモニターを見たり、運転をしたりし、瞬きが少なくなる場合、 時々休むか、または人工涙液を点眼するなどして水分を補給する。
コンピュータやその他モニターの注視が原因の場合は、モニターの高さを低い位置に設置すること。
ドライアイ高い位置では、瞼裂幅(目の開き具合)が増えるため乾燥症状が増加します。
冬は、室内の空気が過度に乾燥しないように、加湿器を利用する。


このページの先頭へ