メニュー

  • ホーム
  • クリニック紹介
  • ドクター紹介
  • 診療案内
  • 交通・アクセス

日本眼科学会

前田メディカルクリニック美容皮膚科

医院について


詳しくはこちら

診療案内

白内障

白内障とは

白内障の症状

白内障とは、眼の中の本来透明であるはずのレンズ(水晶体)が濁ってきて視力が低下する病気です。
レンズ(水晶体)はカメラのレンズのような役割を果たしているため、この部分が濁ると見えにくくなるのです。
白内障は、しわや白髪が増えてくるのと同じように、歳をとると避けられない病気です。
そのため、60歳を過ぎる頃には多くの人が白内障であると言われています。

また、若い方でもアトピー性皮膚炎・糖尿病などの合併症や、目のケガから白内障を発症することや、妊娠中の風疹(ふうしん)感染によって、胎児が生まれつき白内障になってしまうこともあります。

  • もやがかかったように見える
  • ぼやける
  • 光がまぶしい
  • ピントが合わない

正常な視界
【正常な視界】

白内障患者の視界
【白内障患者の視界】

白内障の治療

点眼治療

日常生活に支障がない程度の軽度白内障患者の方に行われます。
点眼薬や内服薬で白内障の進行を遅らせる治療方法です。
ただ、この治療方法は、確実に進行を抑えるものでも、症状が良くなるものでもありません。

白内障手術(※当院では手術は行っておりません。他院をご紹介します。)

視力の低下が著しく、仕事に影響が出てしまったり、外に出ると異常に光がまぶしく見にくかったり、車を運転するために0.7以上の視力が必要など、日常生活を送る上で不自由さを感じるようになったら、医師と相談し、手術を考えます。

このページの先頭へ

白内障手術の概要

白内障日帰り手術で以下のような手術を行います。
白内障手術は濁った水晶体を摘出し、その代わりに人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入する方法で行います。手術時間は10分程度です。

白内障手術
1.最新の超音波乳化吸引法で濁った水晶体の中身だけを吸い出します。

白内障手術
2.残った水晶体の嚢(ふくろ)の中に眼内レンズを挿入します。

3.糸など使わず、無縫合で終了

このページの先頭へ