メニュー

  • ホーム
  • クリニック紹介
  • ドクター紹介
  • 診療案内
  • 交通・アクセス

日本眼科学会

前田メディカルクリニック美容皮膚科

医院について


詳しくはこちら

診療案内

飛蚊症

飛蚊症とは

飛蚊症の見え方飛蚊症(ひぶんしょう)とは、明るい所や白い壁、青空などを見つめた時、眼の前に虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見える現象です。

視線を動かしても一緒に移動し、まばたきをしても眼を擦っても消えなくて、暗い所では気にならなくなります。症状が眼の周りに蚊が飛ぶ様に見えることからこの名前が付きました。

「浮遊物」の形のいろいろ
ゴマ状
ゴマ状
糸くず状
糸くず状
たばこの煙状
たばこの煙状
虫状
虫状

飛蚊症のメカニズム

眼球断面図眼球内には硝子体という粘稠で透明な液体が詰っています。
角膜と水晶体を通して外から入ってきた光は、この硝子体を通過して網膜まで達します。
ところが硝子体に何らかの原因で“濁り”が生じると、明るいところを見たときにその濁りの影が網膜(カメラのフィルムに相当)に映り、眼球の動きと共に揺れ動き、あたかも虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見えるのです。

このページの先頭へ

飛蚊症の種類と原因

  1. 生理的飛蚊症
    病気ではなく飛蚊症を感じる場合があり、これを生理的飛蚊症といいます。
    胎生期(母胎の中に居る時間)に消失すべき硝子体の中の組織がそのまま残って飛蚊症として感じるものです。
    この場合は程度も非常に軽く、進行はせず、病気ではないので放置しておいてよろしいです。
  2. 硝子体剥離
    飛蚊症の原因として最も多いものです。
    硝子体とその奥の網膜は普通ぴったりとくっついています。
    ゼリー状の硝子体は老化や近視眼で収縮します。
    収縮すると硝子体と網膜とは離れてしまいます。
    これが硝子体剥離という状態です。
    この時もとの接着部分が硝子体混濁となり、その影が飛蚊症となるのです。
    本来この接着部分は一つの輪ですが、やがてその輪がくずれて幾つにも分かれます。
    従って飛蚊症は通常、最初は一つの大きな黒い輪のようなものが見えますが、やがて小さな幾つもの黒点に数が増え、位置が変わって、徐々に少なくなります。終いには気付かなくなることも稀ではありません。
  3. この硝子体剥離の原因は、老化現象としても起こり、強度近視の場合は必ず起こります。
    また目を打撲した時にも起こります。
    進行して不都合がおきるものではありませんので治療の対象とはなりません。
    網膜剥離
  4. 網膜裂孔・網膜剥離
    網膜の萎縮変性している部分を硝子体が牽引して生じる『網膜裂孔』、網膜が萎縮変性して生じる『網膜円孔』があります。
    網膜円孔や網膜裂孔は早急に手術を必要とする、網膜剥離の前兆のこともあるので、できるだけ早く専門医の診察を受けることが大切です。
  5. 硝子体出血
    目の中に出血して血液が硝子体の中に入ると飛蚊症として感じます。
    糖尿病、高血圧のように出血しやすい病気がある時に起こります。
    目を打撲した時にも起こります。
    出血が大量であると視力も落ちます。
    安静とともに糖尿病、高血圧などの元の病気の治療が必要です。
    硝子体は血管がなく、血のめぐり(循環)が悪い所なので、硝子体出血もなかなか吸収しませんが、出血が再発しない限り、時間はかかっても良くなります。
    もし吸収されなければ手術で溜まった古い血を取り除くことができます。
  6. 炎 症
    眼に炎症(この場合はブドウ膜炎が原因)があるため硝子体混濁が起こることがあります。
    この時の飛蚊症は軽いものから始まり、だんだんひどくなり、やがては物を見るのにも支障が起こる場合もあります。
    炎症を抑える治療が必要です。

眼底出血など網膜に生じる種々の疾患でも飛蚊症と同様の症状を来します。
飛蚊症を初期症状とする病気は、早期治療が必要な場合が多いことがあります。
見える浮遊物の数が増えたり形が変わったり、視力が落ちるようであれぱ直ちに眼科医に相談してください。

このページの先頭へ