メニュー

  • ホーム
  • クリニック紹介
  • ドクター紹介
  • 診療案内
  • 交通・アクセス

日本眼科学会

前田メディカルクリニック美容皮膚科

医院について


詳しくはこちら

診療案内

近視・遠視・乱視

眼は光を屈折させるレンズの役割をする組織で多く構成されています。
なかでも角膜と水晶体は光を屈折させる力が非常に大きい組織です。
また、水晶体の周りの筋肉は水晶体の屈折力を状況に応じて変化させる役割(調節)を担っています。

特に、近くのものを見ようとするときは、屈折力が大きくなるよう水晶体の厚みが増加します。
私たちの目はこのような調節を自動で行っています。調節を全く行わない条件で、光(平行光線)が神経の膜である網膜にぴったり焦点を結ぶような目を正視眼と呼びます(図1)。
網膜の前方や後方で焦点を結んでしまう状態が、いわゆる近視や遠視と呼ばれるものです。

これらの状態では、遠くにあるものを見たときの像の焦点が網膜に合わないため、像がぼやけて見えることになります。
これを補正するためには、眼前に補正レンズを置く必要があります。
この補正レンズの代表選手が眼鏡やコンタクトレンズですが、最近では、レーザーによって角膜の屈折力を変えてしまうことで、限りなく正視の状態に近づける屈折矯正手術が広く普及し始めています。

【図1】
正常眼

近視

調節をしていない状態で、光(平行光線)が網膜より前に焦点を結んでしまう状態です(図2)。
遠くのものを見たときは網膜に焦点が合わないのでぼんやりしていますが、近くにあるものに対しては焦点を合わせてみることができます。
角膜や水晶体の屈折力が強すぎるために起こる近視と、眼球の長さが伸びてしまうために起こる近視とがあります。
凹レンズを用いて矯正します(図3)。

【図2.近視の模式図】
近視眼

【図3.近視の矯正】
近視の矯正

遠視

調節をしていない状態で光(平行光線)が網膜より後ろで焦点を結んでしまう状態です(図4)。
遠くのものも近くのものもはっきりと見ることができません。角膜や水晶体の屈折力が弱いために起こる遠視と、眼球の長さが短いために起こる遠視とがあります。
小さいお子さんの遠視では、調節を最大限に働かせて焦点を網膜に近づけようとすることを無意識のうちに行っている場合があります。
凸レンズを用いて矯正します(図5)。

【図4.遠視の模式図】
遠視眼

【図5.遠視の矯正】
遠視の矯正

偽近視

俗に「仮性近視」と呼ばれるものです。
何らかの原因で調節が過度に働いたままの状態になってしまっているものです。
正視、遠視、近視のいずれでも起こり得ます。正視の人では近視に、近視の人ではより近視が強く、遠視の人では遠視が軽くなったようになりますが、いずれも見かけ上のものです。
調節を一時的に麻痺させることのできる目薬をさした後に特徴的な屈折の変動を示すことで診断することが可能です。

乱視

乱視の原因は主に角膜と水晶体の歪みによるものです。
理論上、眼球が均一な球体であれば乱視は生じないことになりますが、人間の目は大なり小なり歪みがあるのが普通で、そうなると角膜や水晶体を通過する光の屈折が光の入ってくる方向によって均一でなくなります。
多くの乱視は、近視や遠視と同様に補正レンズで矯正することが可能ですが、角膜の病気などが原因で起こった乱視は矯正することが困難です。

このページの先頭へ